VISION理念

何でもあり!

あなたは初めてゲームで遊んだ事を覚えていますか?

私は、母親が子供の頃に初めてゲームを買ってくれた事を覚えています。
目の前に見たこともない新しい世界が広がり、どんな事でも可能だと感じていました。

新しいゲームをプレイする時は、プレゼントを開く時と同じ位の幸せを感じられました。どういうびっくりが入っているのか、どういう冒険が待っているのかとても気になりました。ただ、昔のビデオゲームと違い、最近のビデオゲームは保守的になり過ぎたのではないかと思います。

僕には、最高のビデオゲーム体験は、実験音楽を聞いたり実験的な映画を鑑賞したりする事と同じだと思っています。私は10代の頃、塚本晋也や三池崇史の映画、Einstuerzende NeubautenやMerzbowのような実験的なアーティストから多くの衝撃を受けました。この人達はあらゆる既成概念を破り、自分のビジョンに沿った新鮮なものを生み出しました。
時には、存在しているルールや傾向に疑問を持ち、完全に自分が想像するビジョンを実装することで、ユニークで衝撃的なタイトルを作るために非常に重要だと思います。
そのため、フェニックス・ゲームプロダクションではいつでも今まで見たことがないようなインパクトのあるタイトルを作り世界に提供したいと思います。

フェニックス・ゲームプロダクション 代表 ダニエル ヘジャージ

代表写真

フェニックス・ゲームプロダクションの3本柱

1 – 妥協なき実験

新しいアイディアを試さないともったいないと思います。
スタッフ全員が、衝撃的なアイディアを考え自由に実行できる環境を出来うる限り提供します。

2 – 深い世界観

プレイヤーは我々が作った世界に完全に没入できる事を重視にします。そのため、フェニックスの各プロジェクトで世界観を膨らませ深く作り込むことに力を入れます。

3 – 効率的な開発環境

素晴らしいゲームを作る為にもクリエーターが人生を楽しむべきだと思います。
残業や休日出勤を出来るだけ減らすことがフェニックスの基本的な考えです。ゲーム開発はクリエイティブな人たちが集まってユーザーに楽しんで頂く作品を作る仕事なので、同じようにクリエーターが毎日仕事を楽しくできることが大事だと考えます。

keyboard_arrow_up